ガイダンスカウンセラーとは何か?どんな仕事をするの?

ガイダンスカウンセラーの仕事

ガイダンスカウンセラーの仕事内容は、健康面や社会面、そして進路面といったあらゆる角度から子供の発達を支援することです。なので、主な就職先は、教育機関になり、小中学校や大学、さらには特別支援学校などで活躍することが多いです。ガイダンスカウンセラーは、全ての子供が対象になるのですが、例えば他の児童に比べて遅れている子供や、発達障害を抱えている児童に対してもケアを行いますので、児童一人ひとりのニーズに合わせたカウンセリングが求められます。単に子供にカウンセリングを行うだけではなくて、地域を連携して、その子の家庭問題にも向き合うことがあります。教育者としての視点も必要になるというわけです。

ガイダンスカウンセラーになるには?

資格取得のためには、申請書を日本教育カウンセラー協会まで送り、登録料などを支払うことによって審査されて合否が決定します。ガイダンスカウンセラーとして活動するためには、しっかりと子供と向き合う姿勢が必要不可欠です。今や子供を取り巻く環境というのは激変しており、その流れについていけない子供は引きこもりになったり、不登校になったりします。そのようなときには、親や教師ではなくてガイダンスカウンセラーの方が子供の相談に乗りやすい場合があります。親や教師には言えないことでも、ガイダンスカウンセラーになら打ち明けることができることもありますので、第三者的な視点からカウンセリングを行うことができます。

ガイダンスカウンセラーの求人

今や学校現場において、ガイダンスカウンセラーの需要は高まっています。なので、心理カウンセラーとしての実績を積むためにも、ガイダンスカウンセラーになることはとても意味があります。ガイダンスカウンセラーとしての経験を積めば、カウンセラーとしてのキャリアアップも見込めますし、臨床心理士などの上級カウンセリング資格にもチャレンジできます。また、今の学校現場は昔に比べるとずいぶん変わり、親や教師、生徒にとっても環境に馴染むのが困難になります。そのような人の心に寄り添うのがガイダンスカウンセラーの仕事なので、求人情報はだんだん増えつつあります。将来有望なカウンセラーと言えます。