スクールカウンセラーの業務内容はどのようなものか?

スクールカウンセラーとは何か?

心理カウンセラーにはたくさんの種類がありますが、スクールカウンセラーもその一つです。スクールカウンセラーとはどのようなカウンセラーなのかといいますと、その通り学校内で活躍するカウンセラーです。いじめや不登校になった生徒の対応をするのが主な業務です。最近では、文科省が学校内にスクールカウンセラーを配置するように指導していますので、年々ニーズは高まってきています。スクールカウンセラーは教職員とは違うので、生徒だけではなくて、教師に対してもアドバイスや指導を行うのが特徴です。なので、より教育機関に深く携わることができますが、それだけ実務的な能力が必要です。

スクールカウンセラーとしての資質

スクールカウンセラーの業務内容は生徒の悩みを解決するだけではなくて、教師や保護者の悩みも解決することも業務です。最近では、教師自身も悩みを抱えることが多いので、必ずしも生徒だけを相手にするわけではありません。なので、メンタルヘルスが多岐に渡っているので、それだけ専門的な知識が要求されます。さらに、スクールカウンセラーは教師や生徒を評価するのではなくて、あくまでも学校外の人間という立場なので、生徒側も教師には言えないこともスクールカウンセラーにだったら言うことができるような空気を出しておく必要があります。最近では、マスコミでもよく話題になっているように、生徒も教師も心身ともに疲れている人が多いので、よりスクールカウンセラーの必要性が高まっています。

スクールカウンセラーになるためには?

では、スクールカウンセラーになるための方法について解説いたします。スクールカウンセラーになるためには、精神科医や臨床心理士などの資格が必要です。なので、心理カウンセラーの中でも、高度は知識が要求される分野になります。実際に、スクールカウンセラーの9割以上がスクールカウンセラーの資格を所持していますので、臨床心理士の資格の取得はもはや必須だと言えるでしょう。日本でも、大地震が起きた後には、スクールカウンセラーの活躍が目立っていたことから、災害などの大きな事件が起きたときの生徒のメンタルケアのために駆り出されることも多いので、それだけ専門的な知識が要求されます。