学校で心理カウンセラーを学ぶメリットとデメリットは?

資格取得のメリット

心理カウンセラーになるために、学校で一生懸命勉強して資格取得する人は多いですが、そのときのメリットやデメリットは何かあるでしょうか。心理カウンセラーとしての知識を学校で学ぶメリットとしては、やはり専門知識を学ぶことができますので、無駄なく勉強することができます。また、周りの人も心理カウンセラーを志している人達なので、色々と相談に乗ってもらうこともできます。心理カウンセラーになるためには、資格取得が必須なのですが、そのためには学校で学ぶことが近道だと言えます。専門知識を効率的に学びたいという方は、積極的に学校に通って資格取得に向けて勉強していきましょう。

資格取得のデメリット

ただ、心理カウンセラーの資格を取得するためには、膨大な時間がかかります。受験費用や学校に通う費用もかかりますし、勉強のための労力もかかります。さらに、いくら最近は心理カウンセラーの需要が高まっているとはいえ、やはり日本ではまだまだ全体の人口としては少ないので、安定した就職先があまりないというのが実情です。さらに、公務員の心理職はとても倍率が高いので、非常に狭き門だと言えます。なので、多くの心理カウンセラーは、民間の心理職を掛け持ちしているのが実情です。学校で一生懸命心理カウンセラーとしての勉強をすることは大事なのですが、その努力が必ずしも結びつくとは限りません。資格試験に落ちたり、希望のところで働くことができなかったら、途方に暮れることにもなります。

資格取得はするべきなのか?

このように、学校で心理カウンセラーの資格を取得するメリットやデメリットはそれぞれあります。総じて言えることは、心理カウンセラーというのは、安易になるべきではないということです。人の悩みを聞いてあげる仕事なので、アルバイト感覚では務まるものではありませんし、さらには資格取得のためには膨大な時間と労力がかかります。なので、絶対に心理カウンセラーになりたいという強い思いを持っている人だけが資格取得を目指すべきであって、とりあえず資格を取得しようというモチベーションの方は、最初から心理カウンセラーを目指さない方が無難です。心理カウンセラーになりたいという思いさえあれば、大抵の職場で務まります。

○心理カウンセラー専用広告

受講期間最短3ヶ月から!
業界トップランナーとして18年の実績と信頼がある日本心理カウンセラー養成学院。
参加無料の体験入学説明会随時開催中!